71lLNZiaaCL._SL1491_61TkrIkPqCL._SL1050_

秋になると、ジャズってしっくりくるな〜って思います。
でも、夏は夏で、湿度をさげてくれる気がして好きなんだけど。
(ジャズってさらさらのシーツみたいだって思います。)
ジャズはフュージョンとかになってくると
ちょっとわかんなくなるんだけど、スタンダードって、
プレイする人によって全然違う曲になったりして、
この曲って、こんな曲だったっけ?っていう驚きがあるので、
聴いていてすごく楽しいです。

キース・ジャレットのスタンダーズ(そのままだね)っていうアルバムは、キース・ジャレットと、ベーシストのゲイリー・ピーコックとドラマーのジャック・デジョネットのシンプルなトリオ編成で、
ジャズのスタンダードの名曲をプレイしているアルバム。
わたしは、VOL.1のゴッド・ブレス・ザ・チャイルドがすごく好きで、この曲のおかげで、
このアルバムを何度も聴くようになりました。
(エリック・ドルフィーのバスクラリネットでのゴッド・ブレス・ザ・チャイルドもすごくいいんだけど、こっちが1番になった)

わたしは、気に入ると同じ曲だけ一日中聴いてたりするので、
一緒に居たら絶対に嫌がられると思います。
これは、わたしが一人で一日中PCに向かって作業してる人だからできることです。